【トップページ】 【こんなバンドです】 【地域と練習会場】 【練習・入団・連絡先】 【最近の音】 【次回演奏会ポスター】 【これからの演奏会】
【これまでの演奏会】 【活動報告・活動計画】 【出張演奏会用プログラム】 【運営のしかた】 【団員紹介】 【団内アンサンブルグループ】
【E.MailとHP作成者】 【リンク】 【近郊合宿向き施設】 【酒の当て】 【画像もある掲示板】 【個人的思索於演奏】 【更新履歴】

《安佐北シンフォニックウインズの運営のしかた》

この規約をもとに活動しています。ご意見をいただいたり、参考にしていただけたりすると幸いです。

《規約》

 (名称)
第1条 本会は安佐北シンフォニックウインズ(略称ASW)と称し、その事務局を広島市
    安佐北区民文化センターにおく。

 (目的)
第2条 本会は吹奏楽を通して地域文化の向上に寄与し、あわせて会員相互の親睦をはかる
    ことを目的とする。

 (会員)
第3条 本会は会員と準会員およぴ特別会員により構成する。
第4条 本会の会員の資格は次の通りとする。
     1.本会の主旨に賛同し、運営委員会において入会を許可したもの。
     2.本会の規約を遵守できるもの。
     3.高校生以上で若干の経験を有するもの。
       但し、吹奏楽連盟に加盟している高校の生徒は、原則として入会を認め
       ない。
     4.定期練習に参加できるもの。
     5.入会費、会費及び臨時費の負担ができるもの。
     6.原則として担当する楽器を用意できるもの。
第5条 本会の準会員の資格は次のとおりとする。
     1.会員で転勤等の理由により定期練習に参加できなくなったもの。
     2.運営委員会において承認したもの。
第5条の二 本会は準会員に対して本会の活動に関する情報提供をおこなわなければな
      らない。
第6条 本会の特別会員の資格は次の要件を満たしたものに与えられる。
     1.会員で長年にわたり本会に貢献したもの。
     2.運営委員会が推挙し、総会の承認を得たもの。

 (退会)
第7条 本会の会員の資格が消失するのは次の場合とする。
     1.本人より退会の意思が所定の様式にて提出された場合。
     2.運営委員会において次の理由により会員の退会を決議した場合。
       (1)3ヶ月以上パートリーダーに連絡がなく、本会の活動に参加しない場合。
       (2)6ヶ月以上会費を滞納した場合。
       (3)本会の品位を著しく失墜させた場合。

 (事業)
第8条 本会は下記の事業を行う。
    1.定期練習(原則として月に4回)
    2.定期演奏会(年に1回)
    3.各種演奏会
    4.本会の目的を果たすに必要な事業

 (役員・パートリーダー)
第9条  本会に次の役員および各パートから互選された次のパートリーダーをおく。

      〔T.役員〕                           〔U.パートリーダー〕
        1.代表  1名                    1.クラリネット
        2.正指揮者 1名                 2.フルート・ダブルリード
        3.副指揮者 1名                  3.サキソホン
        4.コンサートマスター1名          4.ホルン
        5.インスペクター 2名            5.トランペット
        6.会計  2名                    6.トロンボーン
        7.楽譜  2〜3名                7.ユーフォニアム・テューバ
        8.楽器  2名                  8.パーカッション
        9.広報  2〜3名
       10.庶務  2〜3名
       11.渉外  1〜2名
       12.幹事  1〜2名
       13.会計監査 2名

第9条の二  本会には、本会の目的のため必要に応じて特別役員をおくことができる。
       また、選任にあたっては運営委員会が設置の理由・目的・任期等とともに
       推挙し総会の承認を得るものとする。

第10条  役員の選出は会員による互選とし、任期は原則として1年とし再任を妨げ
      ない。ただし選挙で選ばれる役職については連続5期までを再任の限度と
      する。また、会計・楽譜・楽器・広報・庶務・渉外・幹事の任にあたる者
      には 必ずパートリーダーを含まなければならない。

第11条 役員が任期中に退任した場合、後任者の任期は前任者の残任期間とする。

第12条 本会には、運営委員会の推挙により若干名の顧問をおくことができる。

 (運営委員会)
第13条 第9条および同条の二にあげる役員のうち、代表・会計監査を除いた者は、本会の円滑な運営
     のため運営委員会を構成し、運営に関わる決議を行う。

第13条の二 運営委員会は8条にあげる事業を円滑に運営するために特別委員会を設けることができる。

第13条の三 運営委員会は8条にあげる事業を円滑に運営するために、必要に応じて特別役員を運営
       委員会に招請することができる。

  (運営)
第14条 本会の運営は運営委員会の決議にもとづき会員によって行われる。


 (総会)
第15条 総会は本会の最高決議機関とし、毎年5月に定期総会を開催し、下記の事を審議する。
     又、運営委員会の要請により代表が召集し,臨時総会を開くことができる。
    1.事業報告
    2.会計報告
    3.役員改選
    4.予算案
    5.事業計画
    6.その他

第16条 総会は会員の三分の二以上の出席がなければ、議事を開き議決することができない。
          総会の議事は出席会員の過半数で決議し、可否同数の時は議長が決する。
第16条の二 総会の議長は役員以外から選出される。

 (会費)
第17条 本会の経費は会費、寄付金、その他の収入をもってあて、会費は次の通りとする。
    1.入会金は2000円とする。
    2.会費は月額2500円とする。
    (注:演奏会開催時の臨時負担金はありません。)
    3.準会員の会費は年額3000円とする。
    4.特別会員の会費は免除する。
    5.一端納入した会費は返還しない。

 (年度)
第18条 本会の事業年度は総会をもって年度とする。
第19条 本会の会計年度は4月1日より翌年の3月31日までとする。

 (その他)
第20条 本会の規約の変更は総会において運営委員会が発議し、総会の決議にもとづいておこなう。
第21条 本規約の施行は規約変更が決議された総会の翌日からとする。

 (付則)
  1.この規約は昭和59年6月17日をもって施行する。
  2.昭和60年4月21日、規約の一部を改正する。
  3.昭和61年5月24目、規約の一部を改正する。
  4.昭和62年5月24日、規約の一部を改正する。
  5.昭和63年4月24日、規約の一部を改正する。
  6.平成1年6月3日、規約の一部を改正する。
  7.平成2年5月12目、規約の一部を改正する。
  8.平成3年5月12日、規約の一部を改正する。
  9.平成5年4月25日、規約の一部を改正する。
 10.平成6年5月15日、規約の一部を改正する。
 11.平成10年3月14日、規約の一部を改正する。
 12.平成10年5月10日、規約の一部を改正する。
 13.平成11年5月16日、規約の一部を改正する。
 14.平成12年5月14日、規約の一部を改正する。
 15.平成14年2月17日、規約の一部を改正する。


《運営委員会》

 年度はじめの総会において、毎年、運営委員は改選されます。代表・正指揮者・副指揮者・コンサートマスターは毎年度運営委員会推挙し、総会で承認します。インスペクターは総会時に選挙で選出します。各パートリーダーは自動的に運営委員として各分掌のチーフとなります。人数が不足している分掌では、不足分だけパートリーダーが依頼して本人が了解したパートナーが運営委員に加わります。以上の運営委員は同等の義務と責任で定例(月1回)や臨時の運営委員会を開き、練習や演奏会の準備に当たります。